においが消える?私たちの嗅覚順応

嗅覚順応(きゅうかくじゅんのう)って言葉ご存知ですか?
 
 
読んで字のごとくなのですが、
 
簡単に説明すると、
嗅覚(においの感覚)が順応(慣れてくる)といったところです。
 
 
つまり人の鼻は臭いと思っていたものを嗅ぎ続けると
鼻がニオイに慣れてきて、ニオイの感覚が和らいできます。
 
 
例えば、回転寿司店に行こうとお店に入った瞬間って、
酢飯のようなニオイを感じませんか?
 
しかし、お寿司を食べはじめ、しばらくすると、
入店した時に感じたニオイはどうでしょう?
感じるでしょうか?
 
 
また、焼肉屋さんに行った際、
お店に入った瞬間、香ばしい煙の匂いと共によりお腹が減る、
ジューシーで美味しそうな焼いたお肉の匂いを感じるでしょう。
 
しかし、テーブルに座り食べ始めた頃にはそれほど入店時のニオイは感じていません。
 
 
はたまた、猫や犬を家の中で飼っている友人知人のお宅に遊びに行ったときなど、
部屋に入った瞬間は、ペットの鼻をつくような独特なニオイが気になりますが、
その部屋にしばらくいると、
飼い主と同様、そんなに意識していないなんて経験ありませんか?
 
 
嗅覚は、あるニオイの物質に連続的にさらされていると、
そのニオイを感じなくなるという性質があります。
 
これが「嗅覚順応」です。
 
嗅覚がおかしくなったとかではありません。
そのもののニオイに順応したためです。
このように人の嗅覚は、その場のニオイに順応するようにできています。
 
しかし、ひとつのニオイに順応していたとしても、
また違うニオイを嗅げば、別のニオイを感じることができます。
 
 

ニオイはどうやって感じるの?

私たちは息をすると同時に、ニオイの分子も一緒に吸い込みます。
その際、嗅覚細胞を刺激し、さらに一種の信号となり脳へ伝達され、
はじめて「ニオイ」を感じます。
 
ニオイの感じ方に個人差はあるものの、
いい匂いも不快な臭いも感じる原理は同じ。
 
そして嗅覚は心地よい匂いだろうと不快な臭いだろうと順応する。
 
 
 
この嗅覚順応は私たちにとって必要な機能なのです。

もし嗅覚順応せずにずっと同じニオイを感じていると・・・

例えば、あなたがいるその場所に、
あなたが不快に感じる臭いがあったとします。
しかし、様々な理由からその空間から今すぐ離れることはできない状況です。
 
嗅覚が順応せずに不快に感じる臭いを、ある意味ずっと新鮮な状態で感じていると、
おそらくそのうち、たまらない不快感と共にイライラが生じるでしょう。
そして、集中力・やる気・平常心などを奪うでしょう。
 
 
人間の体は本当に素晴らしいく出来ています。
そして、嗅覚は私たちにとって切っても切れない大切な感覚ですね。
 
 
〜嗅覚のちょっとメモ〜
男性より女性のほうが嗅覚が優れている。しかし生理中は嗅覚が鈍る
嗅覚は視覚・味覚・聴覚・触覚のどれよりも本能に作用する
香水や柔軟剤など毎日使用しているものでニオイをあまり感じないのであれば、順応している可能性があるため2〜3日違うものに変えてみるのもおすすめ
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です