小鼻が臭いんですけど・・・臭いの理由と対策

 
ふわっと何気なく臭いを感じたりすることありませんか?
 
独特でなんともいえないあの脂っぽい臭い・・・
 
実は自分の鼻の臭いだったという経験はありませんか?
 
 
自分で感じていたら要注意です!
 
 
人は自分のニオイには鈍感なもの。
 
自分が気づくほどのニオイということは、
他人は気づいています。
 
この人は、「なんか臭い」と思われているかもしれません〜!!
 
 
 

小鼻が臭いんですけど・・・

いやです。いやですよね。あの臭い。
 
毎日お風呂にも入っているし、
ちゃんと洗顔もしているのに、どうして臭くなるんだろう。
 
 

なぜ小鼻が臭くなるのか?

小鼻の脇の辺りを指で強く押すと、毛穴からニョキっと白いものが出てきますが、
これが皮脂の塊である角栓の元。
角栓とは毛穴から分泌された皮脂と毛穴の中の汚れや角質が混ざって酸化したもの
時間が経つにつれ、酸化が進みあの独特な臭いを発生させるのです。
小鼻の臭いを抑えるには日頃から清潔に心がける必要があります。
しかし、ただ洗えば良いというわけでもありません。
 
 

小鼻をキレイな状態で保つために

まずは、毎日の正しい洗顔。
 
の前に・・・
 
 
 
1:毛穴を広げる
毛穴を広げることでより皮脂や汚れを落としやすくします。
入浴時にお湯に浸かり、ゆっくりじっくり体を温めて毛穴を広げます。
またお湯に浸からない時は、
タオルを濡らして軽めに絞り、レンジでチンしたホットタオルを使用します。
ホットタオルを使用する際は、タオルがすぐに冷めるので、
何度かあたため直し、
できれば10分以上は最低蒸らすように心がけてください。
 
 
 
2:オイルでマッサージ
毛穴が広がったら、オイルマッサージを行います。
 
市販されているクレンジングオイルで大丈夫です。
鼻をオイルでマッサージして、
鼻の脂をやわらかくしていきます。
数分マッサージして脂や汚れが浮いてきたなと感じたら、
お湯でしっかりと洗い流します。
 
 
 
3:洗顔
続いて洗顔です。正しい洗顔法はもうご存知の方も多いと存じますが一応明記。
洗顔ネットを使用してしっかりと泡立てた泡で、
指や手の平でこすり洗いをせず、
やさしく念入りに泡で皮脂や汚れを浮き上がらるようにして洗うのがポイント
ただし、小鼻の臭いが気になるからといって、
一日に何度も洗顔を行うのは逆効果です。
洗いすぎて油分を取りすぎると、お肌の油分を補うために内側からさらに皮脂の分泌を促します。
それにより、臭いも強くなりさらにテカリを発生させる原因にもなるのです。
 
 
 
4:保湿は常にしっかりと
常に保湿を心がけお肌を乾燥させないこと。これが重要です。
皮脂の分泌が多くなるのは、お肌が乾燥したその時。
特に洗顔時は汚れや皮脂膜も洗い流されると同時に、
皮膚の油分が減少します。
その時、体はお肌の水分が減少したと判断し、
不足した油分を補おうと、皮脂の分泌を始めるのです。
 
ですので、洗顔後は直ちにお肌を保湿し水分を補給してください。
乾燥は臭いにも影響を与えてしまうので注意が必要です。
 
冬場は乾燥しやすい季節でもありますので、
しっかりとケアされる方も多いかと思いますが、
実は夏場もしっかりと保湿を行うことが大切。
毛穴が開きやすくなる=皮脂の分泌も多くなりますので、
夏場もしっかりと保湿を心がけることが重要です。
 
 
 
 
また保湿のための化粧水は、
毛穴の引き締めにもしっかりと働いてくれる「セラミド」が配合された化粧水を使用するほうが、
より効果が高くキメを整え、肌の角層から潤いを与えると良いでしょう。
  
 

あとは食べ物

やはり食べ物は大切です。
脂っこい食べ物を控え、野菜や果物もバランス良く摂ることが
体作り、そして臭いの改善へと繋がるでしょう。
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です