においってあなたにとってどういうものですか?

あなたにとってにおいとはどういうものですか?
 
わたしたちが生きていく中で朝からたくさんの「におい」に出会います。
 
 
自宅のにおい
 
洗顔時の泡のにおい
 
歯磨き粉のにおい
 
朝起きて、入れるコーヒーのにおい
 
焼きたての香ばしいパンのにおい
 
炊きたてのごはんのにおい
 
だし効いた味噌汁のにおい
 
卵焼きのにおい
 
自分が着ていく服のにおい
 
整髪料のにおい
 
香水のにおい
 
家から外に出た時のにおい
 
晴れのにおいや雨のにおい
 
車のにおいや電車のにおい
 
人のにおい
 
会社のにおい
 
仕事場のにおい
 
学校のにおい
 
お店のにおい
 
おいしそうな料理のにおい
 
お風呂のにおい
 
シャンプーのにおい
 
ボディーソープや石鹸のにおい
 
あったかい布団のにおい
 
家族のにおい
 
 
いつ何時も様々なにおいを感じて生活しています。
 
 

においってどういうものなのか?

私たちは、五感の一つでもある「嗅覚」でにおいを感じます。
 
しかしにおいは、
 
目に見えないし、
 
音もない。
 
触ることもできないし、
 
味があるわけでもない。
 
 
においを嗅覚をもって感じた瞬間に、好きか嫌いか判断します。
 
 
嫌いな臭いがするとすかさず息を止めたり、
 
その場から立ち去りたい時ありませんか?
 
 
逆に、好きな匂いがすると、ついもう一度嗅いでみたり、
 
心地良さを感じることありませんか?
 
 
 
好きな匂いも嫌いな臭いも、
 
同じ鼻から感じ取りますが、
 
ぜんぜん違いますよね。
 
 

においは個性の一つです

人のにおいは人それぞれですよね。
 
においの好みも人それぞれですが、
 
においはその人の印象にも距離にもかなり影響します。
 
 
 
 
もし自分のにおいが不快なにおいだったら・・・
 
実際、においについて悩んでいる方が多いのは事実。
 
嫌な臭いを良い匂いに変化させることで良い印象に変え、
 
良いイメージを与えられたらな。といつも考えています。
 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です